中島加奈子 – Kanako Nakajima

ダンサー・即興パフォーマー 中島加奈子

ダンサー・即興パフォーマー
中島加奈子 – Kanako Nakajima
 photo by igaki photo studio

東京都出身

ドイツのデュッセルドルフで幼少期を過ごす。その後は東京、千葉、神奈川にて過ごす。現在はアイルランドにて活動中。日本体育大学健康学科卒業。在学中にコンテンポラリーダンス、即興ダンスを学ぶ。卒業後に保健体育教諭、ダンス部顧問として中学高校に勤め、退職後フリーのダンサーとして活動を始める。

今までに伊藤直子(マドモアゼル・シネマ)、小野寺修二(カンパニーデラシネラ)、隅地茉歩(セレノグラフィカ)、高野美和子、坂田有妃子、橘ちあ、早川朋子、関かおり等の作品に参加。

自身のダンスグループPuPil作品『犬も歩けば星をみる。』
ソロ作品『かご』『Dreamsleeper』『paintbrush』
『狼と小鳥の夜』「Play」を発表。

昨今は即興で踊ることをこよなく愛し、劇場にとどまらず、様々な場所で踊っている。
アダムベンジャミンとの即興パフォーマンス公演@前橋市芸術文化れんが蔵 アーティスト土居大記との一時間×12回公演、即興パフォーマンス『静電』@黄金町『Salt』@黄金町@台北

その他に美術家、前川加奈とのコラボレーション作品『paint brush』などワークショップ『みんなダンサー!初めてのコンテンポラリーダンス』を開催し、コンテンポラリーダンスの普及活動も行なっている。
又セラピストとしてアロマオイルトリートメントやテアテなどの施術もおこなっている。