Workshop

ともに遊ぶ、肉体の宇宙。


時代の反逆児として生まれ、前衛的で先鋭的だった舞踏
まだ生まれて60年経っていない、古くて新しい舞踏
その面白さ真髄を 対話しからだをうごかして
発見し気付き感じてもらおうというワークショップです

内容
✴︎“?”のちから〜まずは疑うことからはじまる
✴︎アタマとカラダをからっぽにする~アタマの力を抜き、カラダの力も抜き解きほぐす
✴︎からっぽな皮袋と柔らかい身体~身体というのは、からっぽな皮袋である その皮袋の柔らかさと重さを感じながらうごく
✴︎感覚と触覚と~身体の外側の触覚に耳を澄ます 身体の内側の感覚に意識を向け探検する
✴︎重心と軸~普段意識する事の無いからだの重心を感じ、からだの軸を感じてうごいてみましょう
✴︎至高の瞬間を生きる〜二度とない一瞬を丁寧にゆっくりとうごく
✴︎嘘がないうごきとは~何故うごくのか?うごきの動機を考えます
✴︎うごくのではなくうごかされる〜うごくのではなく、うごかされるのだという意識の入れ換えをする
✴︎“ / ”(スラッシュ)間の感覚〜空間のあいだ 時間のあいだ さまざまな“間〜あいだ”を感じる
✴︎目に見えないものによって皮袋をおどらせる
 ~さまざまな外的要素によって皮袋をおどらせたり、おどらされたりしてみましょう
✴︎器にいろいろなものを容れる~森羅万象さまざまなイメージを器としての身体に容れておどらせる
✴︎未分化な身振り・手振りの世界への旅〜創作へ